ランキングを見れば一目瞭然|効果のあるコンシーラーの選び方

女性
化粧

肌の悩みに合わせて選ぶ

コンシーラーは、ランキング上位だからといって選ぶのではなく、くまを隠したいのか、ニキビを隠したいのか、しみやそばかすを隠したいのか、目的に合わせて選ぶことが大切です。効果を高めるためには、塗るタイミングも大切で、始めは薄めに塗り、必要に応じて重ね塗りすると良いでしょう。

化粧品

肌の悩みをカバー

ニキビやシミなどの肌トラブルのカバーにはコンシーラーが役立ちます。ランキングでは今人気の商品、選ばれている商品を知ることができますので、カバー力や伸びの良さ、仕上がりの良さなど様々な面から比較して最適な商品を選びましょう。

3つのタイプがある

鏡を見る人

ハイライトとしても使える

コンシーラーは、ファンデーションだけでは隠し切れないシミやクマをカバーし、綺麗な肌に見せてくれる有用性の高いアイテムです。コスメのランキングサイトなどでも、役立つコスメアイテムとして高い評価を得ています。リキッドタイプ、スティックタイプ、クリームタイプの3種類があり、それぞれに特徴があるので、上手く使い分けることが、コンシーラーを上手く活用する秘訣です。リキッドタイプは、柔らかく伸びが良いテクスチャーで、広範囲のシミをカバーするのに向いています。ファンデーションと同じような感覚で使えるのが特徴です。スティックタイプは、硬めのテクスチャーで、最もカバー力が高いのが特徴です。小さなシミやほくろなど、ピンポイントで隠したい部分に向いています。クリームタイプは、柔らかく塗りやすいテクスチャーなのはリキッドタイプと同様ですが、よりカバー力が高いのが特徴です。コスメのランキングサイトでは、コンシーラーの活用法もたくさん紹介されていますが、その中でも最も評価の高い使い方が2つあります。ランキングサイトで好評の活用法の1つ目は、ハイライトとして使う方法です。少し明るめの色のリキッドタイプのコンシーラーを目元に使い、その上からファンデーションを塗ると、目元の明るい若々しい印象となります。2つめは、スティックタイプのコンシーラーで、唇の輪郭を補正することです。ぽってりとした唇や、キリッとした唇など、自由自在に口紅で描けます。自分に合ったコンシーラーを見つけるには、ランキングサイトを参考にしたり、試供品を使ってみると良いでしょう。

鏡を見る人

パーツごとに使い分け

コンシーラーは顔のどの部分に使うかによって、テクスチャーの固さを選び分ける必要があるのが特長です。そうすることで、よれを防ぎ、気になるシミやくまを隠したきれいな仕上がりのメイクにすることができるためです。ランキングを参考にすると、どれがいいか一目瞭然です。